COMPANY

株式会社oneroofの企業理念

ONEROOFの「一つ屋根の下」の下に、大人も、子どもも、地域も、集い、支えあい育ちあう社会を作ります。子どもを中心とした社会において、私たちの屋根の下で、安心安全を提供し続けます。

株式会社oneroofについて

株式会社oneroofは、東京都で85年以上の歴史を持ち、17の認可保育園・認定こども園の運営実績を持つ社会福祉法人東京児童協会の保育ノウハウを基盤として、設立された会社です。認可保育園が持つ保育の質を担保しながら、企業の特色を生かした運営を行い、企業主導型保育園事業や、放課後児童支援事業(学童事業)を展開します。 認可保育園では、行えないサービスや、保育内容も充実させ、認可保育園の質を担保しながら、多くのチャレンジを行い、全ての関係者に満足いただけるサービスを提供します。平成30年度より、企業主導型保育園事業と放課後児童支援事業(学童事業)を中心に事業の展開を図り、平成31年度を目標として、海外への保育事業の展開を図ります。

国際的な環境で

なりた空の保育園では、スタッフの半数が海外出身であり、英語をネイティブレベルで話すことが出来ます。様々な国籍スタッフがいることにより、人種の差別、海外への抵抗などの先入観を無くし、日本の子どもたちが、世界水準で視野の広い生活を送ることができるようにします。日本の生活習慣の基本を身につけ、日本人としての基礎的な概念を構築していくとともに、海外の文化に触れることによる文化的な教養を増やしていけるように環境を整えていきます。多くの海外出身のスタッフは、自国での保育園の開設を目的としているため、ONEROOFの理念の下に、海外への保育園事業の展開を図ります。

企業の特徴を生かし

企業主導型保育事業においては、企業自らが従業員の子どもを育てることが出来ます。企業の特色を子どもたちの生活環境に取り入れること、子どもたちの教育のカリキュラムに取り入れることにより、子どもたちは、企業のことに興味を持ち、企業についての思いを根っこの部分から作られることになります。子どもの「憧れ」や「興味」は、大人になる際の思い・考え方の基本になります。大人になるにつれて、企業の特色ある生活環境やカリキュラムの中で育った

自主性を育む

子どもたちが自ら判断し行動することが出来るような環境を用意します。 子どもは、自らの生活に安全・安心があることで初めて、自分自身に自信を持つようになります。子どもたちの生活の安心・安全は、大人や子ども同士の中で、自らが否定されず、認められる環境で育まれます。このことが、昨今注目されるセルフエスティーム(Self-esteem)を育むということの基本と考えています。 すぐに結果を求めることは、できません。日々の生活を地道に続けていくことで、子どもたちは、少しずつ成長し、少しずつ自信をつけていきます。 自信をつけた子どもたちは、自らの命を大切にし、他人を思いやる気持ちを持つことが出来るようになります。人に頼る前に、自分でできることを探し、自ら解決していく力を身につけていくための基礎になります。セルフエスティーム(Self-esteem)を育むということを大切にしていきたいと考えています。

企業情報

会社名 株式会社ONEROOF
所在地 東京都江戸川区船堀3-10-8
代表者 菊地 元樹
連絡先 03-5878-0708
設立 平成29年8月
資本金 1,000万円
事業内容
  • 企業主導型保育事業
  • 放課後支援児童事業(学童保育)
  • 保育施設・学童施設開設支援